• 女の子

上野の盛り場で飲んで、鴬谷のデリヘル、ラブホへ向かう

小生は若い頃、東京。千住に住んでいて男の夜のお遊びと言ったら、当然ながら上野界隈で良く遊びました。 
そして、上野界隈の盛り場といったら上野のアメ横の近くで仲町通り界隈であり、多くの飲食店が立ち並び、其の合間あいまに各種の性風俗店があります。 
東北のお上りさん達をはじめ、ブラブラ歩いていると呼び込みのお姉さんからお兄さん達に呼び込みの声をかけられます。

風俗としての遊び所は、昔からあるソープランドやファッションヘルス、イメクラなんかも多く乱立しており、又、昨今ではデリヘリなども増えてきております。 
小生が、女性相手に遊ぶのは大抵がデりヘリで、此の時は上野で飲んだ後に隣の鶯谷へ向かい、こちらのデリヘルの店でお好みの姉さんを選択してラブホテルへ向かうのです。

鶯谷といえば上野駅より一つ目のところであり、その駅前のチョットした商店街を抜けると、デリヘルの店がアチラコチラに色香の漂う看板が軒並み張り出していて、しかも、ホテル群も風俗店に隣接して、わりと狭い地域に集中して建っているのです。
ホテルは、概ね時間帯に拘らず終日営業していますが、夕方以降は人の出入りも慌ただしくなってきますし、それでも空き室は数件訪ねれば大抵は見つかります。

鴬谷は、あきらかにラブホテルが主体となりますが、休憩代金は4000円台と普通のラブホテルよりやや高めだが、ホテル毎に各種のHグッツやエログッズが部屋毎に備わっているのも特徴でしょう。